学生からのよくある質問に答えてみた!
パート1

お久しぶりです、人事担当のかみやっくすです。
本日はタイトルにもありますが、いえらぶ琉球をより多くの人に知ってもらう為のブログを書いてみました。
これから就活を始めようとしている学生や弊社の選考を受けている学生、多くの学生に学びがあるように書いていくつもりなので、ぜひ最後まで読んでみて欲しいなと思います!(なかったらゴメン!!)

① いえらぶ琉球って沖縄の会社ですか?


合同企業説明会、単独企業説明とか関係なく、この質問はよく受けます。
回答としては『もちろん、いえらぶ琉球は沖縄の企業です!が、母体となっている会社が東京にあります』ですね。

というのも、元々は東京にある「いえらぶGROUP」の沖縄支社として2012年9月に、当時入社2年目のデザイナーだった新井(現いえらぶ琉球代表取締役社長)を支社長として沖縄に会社を出したのが始まりです。

そこから紆余曲折を経て、2014年1月に沖縄の会社として『株式会社いえらぶ琉球』は誕生しました。

②なぜ沖縄に会社を出したんですか?


①の質問とセットでよく聞かれる質問ですね。
回答としては『沖縄の人が良かったから』です。

2012年夏、周りの経営者仲間に「会社を創るなら沖縄良いよ」とオススメされ、それじゃあ一度視察してみよう!という事で沖縄の地に降り立った岩名(現いえらぶGROUP代表取締役社長)が思ったこと、それは「アツい」でした。

もちろん、気温も暑かったそうですが、それ以上に「仲間思いで、家族を大切にしている思いやりのある人(熱い人)」が多いなと感じたそうです。
しかし、沖縄県のことをよく調べてみると、こんなにアツい人がたくさんいるのに、 失業率、非正規社員の割合、県民所得、離婚率、待機児童数、肥満率などワーストがもの凄く多く、仕事に対して意欲的でない人も多いと感じたそうです。

『何でだろう…?』

色々と調べていくうちに『頑張っても頑張っても報われない環境があるから』というのが見えてきたそうです。
といのも、 当時沖縄には人件費が安いという理由で、内地の企業が「コストセンター」的な立ち位置で作った会社が多かったからです。

わざわざコストセンターのコストを上げるようなことをするか、と言われたらしないじゃないですか?
よっしゃー、ベトナム・中国に工場作ったから、そこで勤める人の給与を東京と同じにしよう!とうい会社があるかと言われたら、なかなかいないですよね。何のために国外に作ったん?ってなるわけですから。

それと同じようなことがその当時の沖縄でも起きていたわけです。
どれだけ頑張っても報われないんだな、という現実を知り、それなら適当に言われたことだけをやっていた方が楽だし、割りに合うからそうしよう、という結論に多くの県民が至っていることに気づきました。

そんな事が起きているという事を知り、『頑張ったら頑張った分だけ報われる環境をつくり、働く事の本当の楽しさ・面白さを伝え、意欲的(ポジティブ)に働く人を増やしたい!』という想いがあって、同年9月にいえらぶ琉球が創られました。

③会社規模は?


これも良く聞かれます。
弊社はベンチャー企業という事もあり、風が吹けば吹っ飛ぶのではないか?ブラック企業なんじゃないか?と言われることも多々ありますが、皆さん、心配しなくても大丈夫ですよ。

画像のようにものもの凄い勢いで、右肩上がりに成長しています!
3年で50%、5年で60%の会社が倒産していくという現代で、私たちは会社設立5年でここまで大きくなることが出来ました。

2020年はコロナウイルスの件があり、カオスな世の中になりました。
これは先日目にした記事ですが、4月の訪日客は昨年同月比99.9%減の2900人だったそうです。

これがどれだけの企業に、従業者に影響を与えるのかは皆さんもご存知かと思います。様々な企業が様々な策を打っているので、もし興味があれば調べていただければと思います。これもコロナの影響だけではありませんが、三菱UFJ銀行が2023年度末までに店舗数を4割減の300店舗にすると発表したのも驚きでしたね。

また、シンクタンクが出していたデータでは、コロナの影響で日本全国で300万人程度の失業者が出るのではないか?という記事がありました。これは、リーマンショックの数字を大きく上回るそうです。

こうなってくると弊社も絶対安泰!とは言い切れませんが、今のところ事業に大きな影響を受けておりませんので、ご安心いただければと思います。

いえらぶ琉球は積極的に採用を行っています。

それでは、今回はここまで!
もし「ここ気になるな~」、「OBOG訪問とかやってますか?」とか気になる方がいらっしゃいましたら、下記のLINE公式アカウントからご連絡いただければと思います。

21年度の新卒採用も既に始まっています。
沖縄で一番有名な会社を創ろう!私達と一緒にあの頃思い描いた「夢」を本気で追いかけてみませんか??
■LINE公式アカウント
■21年度新卒採用応募
■代表からのメッセージ
■2019年 → 2020年
■「就職活動とは”自己分析”である。」
 自分を知ることで行きたい会社が見えてくる就活と自己分析の関係とは

「いえらぶ琉球〜単独説明会〜」
エントリー受付中

各部署の社員と軽食を食べながら、
リラックスした雰囲気で話すことが出来ますよ!

エントリーする

この記事を書いた人

かみやっくす
かみやっくす
1991年生まれ、沖縄県出身。
沖縄国際大学を卒業後、設立2年目のいえらぶ琉球に新卒1期生として入社。
Webコンサルタント→営業を経て人事担当者へ。現在では新卒・中途・アルバイト全ての採用に携わる。