「参加者の満足度90%超え!!」
サマーインターンシップに参加してみた

「いえらぶ琉球のインターンシップの魅力を伝えたい」
来年の就活に向けて準備してみようかな、どんな会社・仕事があるのか実際に見てみたいと考え、サマーインターンシップに参加した6人の学生たち。
今回は私もその参加者の一人となり、参加者の視点から、いえらぶ琉球のサマーインターンシップがどのようなものかを紹介していこうと思う。
それでは、28歳から21歳へタイムスリップ!!トゥッ!

※前提として※
『自分で作ったインターンを自画自賛するようなイタイ人間ではございません(笑)』
今回のサマーインターンシップは、新卒3年目で人事を務める比嘉さんに内容・構成などの事前準備から運営まで全てを任せてみました。
一生懸命頭を捻らせて、多くの部署・社員に協力をお願いしていたのを見ていたので、どんなインターンシップに仕上がったのか私自身、非常に楽しみにしていました。
では早速、行ってきます!!


インターンシップのスケジュール

※今回インターンシップはホームページ制作の業務に関わってもらいました

▽いえらぶ琉球オフィス集合 ~10:00
▽自己紹介、インターンシップ内容説明 10:05~11:30

 ▽ランチ 11:30~12:30

▽Photoshopの基本操作説明 12:30~13:00
▽制作開始 13:00~17:30

▽完成発表、感想共有 17:30~18:00

▽振り返りシート記入 18:00~18:30
▽社員からのフィードバック 18:30~19:00

参加して初めて分かることは必ずある

9月某日 午前10時頃・・・大学は夏休み真っ盛り。
バイトが終わった後は夜遅くまで友達と遊びにいっているような毎日。
いつもならこんな朝早い時間に起きてることはありえない。
ましてや着なれないリクルートスーツを身にまとい、58号線を運転しているということは絶対にない。

でも、今日は違った。
楽しみと不安な気持ちを持ちながら「いえらぶ琉球」へ向けて、車を走らせていた。

・・・今日は僕かみやっくすが生まれて初めて参加するインターンシップだ。

「どんな事するんだろうな」
ブログでは楽しそうな会社だったけど、本当に楽しいのかな」
「どんな社員さんがいるんだろう」

色々と想像したりするけど、想像がつかないまま気づけばいえらぶ琉球に到着。
ガラス張りのドアを開き、無人受付にある電話の受話器を取った。


「トゥルル、はい、いえらぶ琉球です」
可愛らしい女性の声が聞こえてきた。

「あ、私○○大学、○○学科のかみやっくすと申します。本日10時からのインターンシップに参加予定なのですが、人事担当の比嘉さんはいらっしゃいますか?」

「比嘉ですね。かしこまりました、少々お待ちください。」
(電話越しで表情は分からなかったが、なぜか「頑張ってくださいね!」と微笑んでくれているような気がした)

「おはようございます!!本日はお忙しい中、お越しいただきましてありがとうございます!クーラー効いているのでこちらへどうぞ!」

比嘉さんと会うのはこれで2度目。
以前、インターンシップ参加前の面談で話をした。いえらぶ琉球のインターンシップは参加人数が決まっており、エントリーすれば全員参加できるという訳ではなく、面談によって人数を絞り込まれる仕組みになっている。

AM10:05~11:30
自己紹介とインターンシップ内容の説明が行われた。

インターンシップは1日、2名1組限定で行われる。
一緒にインターンを受ける学生とお互いに自己紹介を行い、本日の流れ、目標設定、いえらぶについて、ホームページとは、バナーとはの話を聞いた。

話している内容が難しいのか、自分が無知だからなのか、分からないところも多少あったが、気づきや学び、実際に参加してみないと分からないところが多くあった。

何をするかよりも、誰とするかを大事にしている

AM11:30~12:30
この時間は待ちに待ったランチタイム。
変な緊張と頭をフル回転させて話を聞いていたので、お腹ペコペコ。

ランチは、、、ピッツァ!!


いえらぶ琉球の社員数名と美味しいピザを食べながら、色んな話を聞くことができた。
話を聞いて感じたのは「変な人が多い!!」
悪い意味ではなく、良い意味でですけど、自分の仕事についてここまで楽しそうに、情熱を持って話しをする人たちを私は知りません。

まだ設立6年目で、これから更に普通の会社よりも急成長していこう!としているベンチャー企業。
大変な事や辛い事が他社よりも格段に多いはずなのに、なんでこの人たちはここまでキラキラしているんだろう?と感じ、思い切って質問してみた。

「なんでそんなに楽しそうに仕事の話ができるんですか?」
すると、こんな答えが返ってきた。

「答えになっているか分からないけど、単純に楽しいからかな。具体的なイメージとしては強豪校の部活動とか、学園祭の前夜みたいな感じ。やることがいっぱいあって毎日わちゃわちゃしているけど、気が知れた同じ志を持っている仲間とやるから楽しめる。何をするかよりも、誰とするかが大事だと思うよ。」

なるほど。
確かに学園祭の前夜はめちゃくちゃ忙しかったけど、色んなドラマがあって楽しかったのを覚えている。
なぜか分からないが、そんな感じで仕事ができるのって本当に素敵だなって素直に思えた。

そんなこんなで多くの学びがあったランチタイムも終了。
これから実際にオフィスに入って、バナー制作を行っていく。

イメージしている企業・仕事の進め方にはギャップがあった

PM12:30~17:30
初めて企業のオフィスに入ったときに感じたのは、

「元気!→静か!へのギャップ」

オフィスに入ると、社員さんが全員元気よく笑顔で挨拶をしてくれた。
私たちを迎え入れている&親しみやすそうという感じがあって印象は凄く良かった。

ただ、皆さん仕事になると別人かと思うぐらい静かで、真剣だった。
どれぐらい静かかというと、大学の講義でもこんなに静かになる事ってそこまでないぞ!と思うぐらい静かだった。

このギャップには本当にビックリした。
オフィスに入って5分で、社会人のメリハリを学ぶ事ができた。

(後々、比嘉さんになんでこんなに静かなのか聞いてみたところ、1人ひとりが対応する案件数(仕事量)が多いため、集中して仕事をするときは集中している。特にモノ作りをしている人たち、いえらぶで言えばHP制作課の人たちは没頭する傾向が強いから喋らなくなる人が多いよ、と教えてもらえた。納得。)

やり方を一通り教えてもらった後、分からないところは自分で調べながら、周りの社員に聞きながら制作を進めていた。


ここで気付いたのは「調べれば大体の事は分かる」という事。
最初はずっと周りの社員に分からないところは聞いていた。でも、同じことを何度も質問することがあり、その時に社員の方にこう言われた。

「Googleで○○と検索したら、もっと分かり易く載っているよ」

ん!?
そんな事あるわけないやん。だって専門的なことを聞いているのにGoogleって、まさか、そんな、、。と思いながら言われた通りに検索してみた。

簡単に出てきた。
しかも写真もあって、非常に分かり易い。

この経験からまず社員に聞く前に、簡単に答えを教えてもらう前に、自分で調べてみるという事を学べた。

(後々、比嘉さんにこういう学びがありましたと伝えたところ、それは良い学びになったね。簡単に教えてもらっても全然覚えなくて自分の身にならないからね。すぐ出来るようになった事はすぐに出来なくなるけど、時間をかけて出来るようになった事はすぐに忘れる事はないよ。と教えてもらえた。感謝。)

PM17:30~19:00
制作物発表と感想の共有を行った。
不器用な自分なりに上手くできたと思っていたが、比嘉さんやHP制作課の皆さんから多くのフィードバックをいただいた。

「ここはこうした方がターゲットに思いが伝わりやすいよ!」
「調べる時間が長すぎるから、時間決めて調べた方が良いよ!」
「アドバイスしてもらったら、メモ取るのは基本だよ!」etc

バナーのデザインについてもフィードバックを貰えたが、社会人の基礎的なところもフィードバックを貰えたので、これから応募が始まる冬のインターンシップや就活で活かしていこうと思った。

そんなこんなで今回のインターンシップは終了した。

社会に出る前に多くの事を学ぶ機会になった

参加してみての感想。
結論から言うと「インターンシップに参加して良かった!」

①仕事風景を直接見ることで自分が社会人になったときのイメージができた
②学生との仕事や時間に対する考え方の違いを知れた
③テレビでしか見たことない企業へのイメージとのギャップを知れた etc

やったことない事をイメージでなんとなく分かったような気になるのではなく、実際にやってみる事で得られるもの、学びは非常に多かったし、イメージとのギャップを事前に知れて良かった。
この経験を通して学んだことが、より良い就職活動に繋がっていくのだと思う。

既にいえらぶ琉球のサマーインターンシップの受け入れは終わってしまったが、まだ他社でもやっているところがあるかもしれないので、参加したことない人がもし居るのであれば、ぜひ参加してもらいたい。

そして、より成長した皆さんと就活解禁時にお会いできることをいえらぶ琉球社員一同、心より楽しみにしております。

参加した学生からのアンケートと感想

インターンに参加した学生からの感想を一部紹介したいと思います。

社員が明るく、仕事への熱や愛が感じられる良い会社だった。ホームページを作ることの難しさや大変さを知ることができたので、インターンに参加して良かったと思いました。

自分の学びたかったことやこれからの自分に必要なことを知ることができたので良かったです。

いえらぶ琉球の雰囲気や主な業務、業界について詳しく知れたので満足しました!バナー制作体験はとても楽しく、社員からのアドバイスもいただけ、自分自身を見直すきっかけになりました。

気さくな方々ばかりで、とても雰囲気の良い職場環境だと思いました。みんな集中しているけど、ピリピリはしておらず、大変だけど楽しそうな印象を受けました!
自分の業務があるにも関わらず、私たちを気にかけてくれ、分からないところはすぐ教えてもらえました。
1日ではありましたが、本当にありがとうございました!

あとがき

まだまだ経験の少ない比嘉さんに、事前準備から運営までの全てを任せて走らせたいえらぶ琉球初のサマーインターンシップ。
不安もありましたが、蓋を開けてみれば非常にクオリティの高いものになっていてました。

私自身、彼女のこれまでの成長を見ることができて嬉しかったですし、何より、自分で考えたインターンシップに楽しそうに、意欲的に参加する姿を見て、任せてみて本当に良かったなと思いました。

もちろん、完璧なインターンシップだったかと言われるとそういう訳ではないです。
インターン参加者をもっと受け入れたかったし、弊社の個性的なメンバーとももっと話をさせたかったし、就活に活かせる考え方やアドバイスももっとしてあげたかった等、まだまだやりたい事・伝えたい事は多くあります。

今後は上記を踏まえた上で、HP制作課以外の部署でのインターンシップやより多くの社員と話が出来るようなイベント、インターンシップに参加した学生限定の就活イベント等も企画していき、学生の就職活動を応援してきたいと思いますので、学生の皆さんはぜひ楽しみにしててください。

「いえらぶ琉球〜単独説明会〜」
エントリー受付中

各部署の社員と軽食を食べながら、
リラックスした雰囲気で話すことが出来ますよ!

エントリーする

この記事を書いた人

かみやっくす
かみやっくす
1991年生まれ、沖縄県出身。
沖縄国際大学を卒業後、設立2年目のいえらぶ琉球に新卒1期生として入社。
Webコンサルタント→営業を経て人事担当者へ。現在では新卒・中途・アルバイト全ての採用に携わる。